リラクミンseはどんな成分を使っているの?

リラクミンseはどんな成分を使っているの?

リラクミンseはどんな成分を使っているの?

 

実際にメンタルサプリを選ぶときって

 

何を基準にして

 

 

あなたは選びますか?

 

 

「うーん。値段?」

 

確かに値段で選ぶことも

 

 

大事ですね。だって長いこと

 

続けていくんですから。

 

 

でももっと重要なのって

 

やっぱり「有効成分」

 

ではないのでしょうか。

 

 

 

実際にどのような成分かを知ることで

 

「これ効きそう」とか

 

 

予想することができますよね。

 

そんなこんなでリラクミンse

 

の成分を調べてみました。

 

 

リラクミンの成分を調べてみました

 

実際にリラクミンシリーズの成分を調べてみました♪

 

 

 

ラフマ葉エキス・・・・ラフ葉エキスとは、

 

植物の一種で、

 

昔からお茶などにして

 

親しまれてきました。

 

実際にラフマ葉には

 

成分の一つとしてフラボノイド化合物

 

というものを含んでいるのですが

 

このフラボノイド化合物が

 

セロトニンの分泌を

 

促してくれるということが

 

近年の調べで分かったといいます。

 

 

そのために注目の成分として

 

サプリの活用にも

 

大きく期待されている

 

成分といえますね♪

 

 

GABA・・・GABAはアミノ酸の一種で

 

最近ではチョコレートや、

 

玄米などにも含まれている成分として

 

注目をされてきました。

 

そのGABAの役割はどんなものかというと

 

神経の働きを穏やかにしてくれる

 

抑制の働きをしてくれるものかと

 

言います。

 

例えばノルアドレナリンが出ると

 

胸がバクバクとして落ち着かなく

 

なりますが、

 

GABAが働きを鎮めてくれるために

 

安心や落ち着きをする

 

役目を果たしてくれちゃいます。

 

 

クワンソウ・・・クワンソウは、南九州から
沖縄で生息している

 

植物の一種なのですが、

 

古来琉球王国では

 

要人をもてなすときにクワンソウを

 

材料として使用したと言われています。

 

別名「眠り草」とも呼ばれており、

 

心を穏やかにし

 

休息を促してくれる

 

ハーブとして

 

数多くのサプリに採用されているものです。

 

 

 

ビタミンB群・・・心や体のリズムを整える上で
ビタミンB群は特に注目をされています。

 

また現在の食生活ではビタミンB群は

 

非常に不足をしてしまうので

 

サプリなどで効果的に摂取が必要になります。


ホーム RSS購読 サイトマップ